薔薇色の人生 Ⅲ

はてなダイアリーで書ききれないことを書きます。スピリチュアルなど。よろしく。

灰色の街~紫のナイフ24~

俺は急いで、五十嵐達のアジトのドアを勢いよく強い音を立てて開けた。

「高美はどうした?無事か!?」

動機と息切れがした。

瞳はだまってスマートフォンを俺にみせた。

そこには椅子に座っている高美がロープで縛られて、口にガムテープを貼られて

もがいている様子だった。

黒人のボブヘアーが女装していて黒マスクとグラサンをしていた。

「私達は近頃、半グレとヤクザに舐められていて相当ムカついてんのよね。」とスタンガンで高美の脇腹をつついた。

「やめろ!」俺はおねえ言葉を使ってる男に違和感をおぼえつつも、高美の身をひたすら案じた。

「もし、歌姫を返してほしければ、クィーンバタフライを新宿2丁目のキャバクラのステージで一か月ライブを一日おきに演奏させること」と言って動画は切れた。

「え!?こいつら、何言ってんの?」俺はさっぱり意味がわからなかった。

瞳はその筋なので詰め寄った。

「金で雇われたんや、彼女達。要求を飲むわけにいかない。」

凛も「せやな。あほらしい。新宿「レイニー」のライブハウスで演奏したらええ。」

どういうことだ?

五十嵐や楓までやる気なさそうだ。

「たしかに。凛、お前あのライブハウスの店長に頼み込めよ。こんなジュリアナマフィアとかに俺らのほうが舐められとるわ」

俺は杏子の家に戻ろうとした。

トシヤは「あ、俺今度そこで急遽メタルイベントで某バンドのサポメンとして演奏聴きながら絵を描くパフォーマンスすることになったから今度観に来てよ」と嬉しそうに言った。

「よかったね。」と瞳は自分のことのように喜んだ。

ついに俺達の会話を一部始終をだまって聞いていたカンナが怒ってテーブルを両手で叩いた。

「あんた達、いい加減にしなさいよ!誘拐犯でしょ?外人の!だから移民は取り締まれとあれほど上司に直訴したのに!犯人の要求は飲みます。瞳さん。貴方の御店で彼等、いや彼女達の演奏や踊りをさせてあげなさい。ついでに貴方達もそこでバイトして。ウェーターのふりでおとり捜査しなさい。」と凛々しく怒鳴りながらいった。

一気にそこまでまくしたてたカンナは深くため息をついて額を手で押さえた。

五十嵐刑事も「そうだ。俺達はお前ら半グレと違って遊びで星を捕まえてるんじゃない。テロとは無関係だがうちの管轄は人手不足でな。楓もおこげとしてお前らの店の常連客としてスパイをするからな。西村くんは彼等好みの音楽をかけてDJのふりをしてほしい」と目で豹に熱い視線をおくりつつ、命令した。

豹は「しゃーない。掘られそうになったら蓮にたすけてもらう、頼むで」と苦笑しながら俺の背中を左手で叩いた。

「え、俺!?ガチでマッチョやないし、御酒は楽しく飲みたいし誘われたら真面目に怖いし、どうしよう?」と凛に助けを求めたが「俺は女装はしない主義やからウェーターでええな。お前にはカクテルの作り方教えたるから瞳から女装服かりろ。トシヤも女装趣味やから楽勝やな」と少し笑みを浮かべて俺にいった。

なんで俺が女装しなければいけないんだ?

「だって貴方はいかにも怖そうなんだもの。眉毛うすいし。」と楓は無表情で答えたが、若干笑いをこらえてるようにみえた。

俺が。。。女装だと?

次の日から俺はリクからウェーブの金髪のウィッグを借りて、全身脱毛して、黒いタイツをはいてTシャツに黒い皮のミニスカで厚化粧をして2丁目の瞳のバーでお酒を造ってカウンターにだした。

「なんで俺がこんな目に。」と凛に文句を言った。

「結構似合うよね。」と女装のトシヤは瞳に同意を求めた。

笑顔で。

「うん、美魔女って感じ。足にそそられる」と瞳は唾を飲み込んだ。

「お前にいわれたないわ。その気はない!」と瞳を睨んで否定した。

瞳は下を向いて声をださずに笑っていた。

俺は乱暴に瞳の前にストロベリーカクテルをおいた。

瞳は愛想よくカクテルを男性カップルのいるテーブルにもっていった。

トシヤはすっかりお客のいるソファに座ってカップルたちと談笑していた。

(もういやや、こんな店)俺は固く目をつむった。

奴ら犯人グループが雇ったらしい、アフリカ系アメリカ人のライブが始まった。

かなり2丁目では異色なライブだった。

ボーカルを除くとニューハーフが弦楽器やドラムを担当していた。

俺より上手かったので心が折れそうになった。

「あらー、素敵な足。悩殺されちゃう」とまた今度はレズの客に絡まれた。

俺は作り笑顔で横をむいてほほ笑んだ。

が、カウンターにいたのは神崎マヤだった。

おれは「えええー!?」と思わず声をあげてしまった。

楓に足を思い切り蹴られて我に返って「いらっしゃいませ。お飲み物はどうなさいます?」と顔をかしげて営業をした。

マヤはなんで堂々と俺達の前に姿を現したのか?

凛はポーカーフェイスをしていたが明らかに視線が俺の足に釘付けになっていた。

アリサはどうした!?

マヤは思わせぶりに黒いジャケットをぬいで椅子にかけて俺と同じミニスカートをはいていて、足を組みなおした。

胸元がわざとみえるような黒いタンクトップをきていた。

相変わらずのショートヘア。

甘い香水の匂い。

すでに俺の下半身が反応してしまった。

俺は未成年か。

マヤはテキーラのロックを頼んだ。

慌てて、用意した。

俺の心が激しくざわついた。

詞「コンセンサス・フェイク」

硝子に映る抑えきれない欲望

綺麗事だらけの台詞をクラッシュ!

太陽の前ではごまかせない愛

水面に映る真実の瞳

貴方のすべてが石を泉に投げられた波紋のように広がる

雨が偽りの愛を洗い流す

もう私は貴方から逃げない。

右手の薬指にガーゼを巻いて

私は永遠に檻に閉じ込められたままなの

 

私が社会的に抹殺されるまで~破滅に向かって~序章

私の最初の挫折は28年まえまで遡る。

私は折角柏市の繊維工場に入社できたのにいつもいらだっていた。

夢はバンドでギターを弾いてフリーターとして生活しることだった。

ジュンスカやラフィンノーズのファンだった。

それにXやGIGGY,プリプリの存在が大きかった。

当時はレベッカのノッコとシャケが結婚した。

ちゃんと報道されていた。

今のV系みたいに隠したりはしてない。

彼等はカリスマだった。

シャケファンの女性はショックでないただろうなw

とりあえず、Xも恋愛の対象にならなかったが、ひでに関してはおかしいといわれたので共感し、結婚したいと思った。

松本という人ならだれでもいいから結婚したいなと思うw

苗字改名したいですw

ま、話がそれたけど、一年目はライブ行くの禁止と社長にいわれて頭にきた。

やめてやると思った。

よってやる気なしw

辞表をなかなか受け取らない。

まだバブルの末期だった。

が、6月あたりにクビ宣告されて自由になれると喜んではりきって一か月仕事し、逆に本気だした。

よって7月にクビが繋がったw

それでがっくりきた。

成績はどんどん下がった。

女子寮にすんでて、もう門限9時とかありえない世界。

平成になったのに昭和の世界。

3月にやめたけど、中々田舎ではバイトがみつからない。

バンドメンバーも集まらない、ギター買ったけど上手く弾けない。

よってニート

社会的に最初に抹殺された。

一年後、また今度は杉並のパン工場に無事に社会復帰できた。

今度はカラオケ毎日できる環境で歌ってました。

ホコ天にも行った。

ライブハウスにも通った。

初めてXのライブ参戦した。

ロックファッションに身を包んで、友達もたくさんできた。

セミナーに誘われて3日間通うも、講師の言い分に矛盾を感じて怒りを覚えて、合宿に参加はしなかった。

友達は会社をやめてしまった。

セミナーに通ったせいだろうと推測。

それでも私はやはり一人暮らししたいしどうしてもフリーターになりたかった。

バンドへの夢が捨てきれない。

部屋探しを必死にした。

また女子寮で門限11時だったから。

いらだった。仕事中も!

とにかくたくさんXに会えたと思ってたけど、記憶違いで実はオリメンには

3回しかXのライブ参戦はしなかった。

ただ、入り待ちでヒデに会えたり、

エクサミでXみたり、V2みたり、ヨシキにその時手を振ってもらったり、

YOSHIKIファンの友達に会えたし、トシのヘアメイクしてたナカジの店でパーマをかけて自分で茶色にブリーチしたら男性にナンパされた。

ここまではもう順調な共同体人生。

ヒデコスしたのは㋀7日だけだった。

ベルサイユの上条は私に圧倒されたことだろうw

が、私は1人のNという男性占い師にその時すでに洗脳されていた。

当時は悪霊に憑かれて悩んでいたから毎週彼の家に通って「お手振り」と歌の「お祓い」をしてもらいに行った。

12月は横須賀に遊びに行ってロックシティに行き、白人にビリヤードを教えてもらった。

最初は友達がおかしくなっていった。

xのライブで「もう会えない」いう声が頭の中でした。

それが現実になった。

泰司が脱退した。

それから友達に振りまわされて、六本木にいけなくてイライラした。

Xフレンドにイライラさせられた。

テクノロジー被害はここから始まった。

そして、天理市に行かされる。

私は頭にきてヨシキの影響で宗教嫌いだったので2度とNの家には行かないと☎でことわった。

「不幸になりますよ」とNにいわれた。

縁がきれてほっとした。

しかし、本当に4月に不幸になった。

会社をやめてアパート探しを例の友達としたのに見つからず、一週間、放浪した。

おまけに退職金を盗まれて泣く泣く親戚に泊めてもらい、田舎に帰った。

呆然自失だった。

もう立ち直れないと思った。

が、捨てる神もあれば拾う神もある。

 

 

 

奇妙な出来事

これも私を社会的に抹殺するための工作なんでしょうね。

食欲が朝からない、入浴したくない、耳栓をしなければいけないなど。

夢も変な夢ばかり。

いつも、カリカリしてしまう。

ひきこもりがち。

洗濯もの干すのも面倒。

母親が末期がんになって外出禁止といわれた。

母が倒れて入院して手術が終わってずっと看病した。

帰りに送ってもらったのに鍵を病院に忘れてしまい、またタクシーで取りに行った。

入院前に母が実家で倒れて私が脈を図っているときに死んだ母方の祖母の顔が浮かんで目が覚めた。

たまにラップ音がする。

ひでの曲ヂルチの「エレクトリックキューカンバー」で英語の空耳でなぜか「お前はファンじゃない。涙こぼすな」と聞こえてしまう。

悲しい。

最初のところだけです!

おかしいでしょ?

幼馴染の夢ばかりみる。

彼女は中学生の時になぜか私が死ぬ夢をほぼ毎日みていた。

彼女の父親は火事で死に、母親はとっくに家をでて1人暮らし。

兄は死亡。

家族は崩壊しました。

霊の存在がよくわからない。

母は毎晩頬にかすり傷を負っていた。

父はいつも咳き込んで私を苛立たせた。

10年前までパチンコ依存症になった。

今は足が悪くなっている。

私が一人暮らしをしたら不思議と依存症が治った。

私は実家にいる時だけ仏間から視線を感じるようになった。

何もない所でこけたりする。

特攻隊になったゆめもみる。

仄めかしにも遭う。

イライラすると頭がしびれてしまう。

4歳の頃の記憶がなぜかない。

またアパートを引っ越す破目になった。

最悪。

父親はしょっちゅう接触事故を起こして車を買い替えていた。

カルトの勧誘で実家におしかけてこられた。

人工知能が作り出したシナリオどうりの人生になっている。

祖母も母がモノを盗んだという妄想にとりつかれていた。

祖母も被害者だったかもしれない。

18年前に亡くなった。

妹が自転車に車をぶつけられた。

私も自転車に車をぶつけられた。

ネカフェを出禁にされた。

自転車の鍵のシリンダーに穴をあけられた。

自転車の取っ手のサドルのゴムの部分を切りつけられた!

警察を呼んだ。

その現場となった店が閉店した。

前住んでたアパートも売り出しになった。

エホバの勧誘もきた。

無実の罪を着せられた。

車の窓ガラスをビンで割ったなど。

なぜか女優やアイドルを憎むようになった。

病気じゃないです。

コスプレしてるXfanも憎むこともある。

 

 

昨日の続き

とにかくひどい目に遭いました。

TLで思考盗聴されたんです!

それで凍結くらいました!

ふざけんな、です。

私はもともと友達いないのになんでターゲットにされなきゃいけないの?

カルト批判しかたらか?

一生孤立状態だよ。

今、頭痛するしね。

朝、は工事の騒音に悩まされた!

文句言ったらいなくなったw

アメブロの被害者は私よりも幸せな人生送ってたのに大分に引っ越したとたんに

セスナの騒音に10年間悩まされて孤立したって。

離婚されないだけましだよね!

腹立たしい!一生苦しむと嘆いていたが、他人の不幸は蜜の味w

公安はもっとやれっていいたい。

しかし、私も被害者だから。

なぜかというとカルト団体を悪く言った。

それだけです。

みんな私を殺人犯にしたいんですよ!

私を自殺に追い込むか!

Xファンと仲良くなったのに孤立した。

 

 

集団ストーカー、テクノロジー犯罪

最近、6月4日に行われた、新宿での街宣動画を観ました。

私は検索してみたら、私に当てはまる被害がたくさんありました。

わざと隣人が生活音を立てる。

工事の音が前のマンションに住んでた時からあったこと。

わざと今の洗面台のないアパートに住まわされたこと。

音楽が騒音に聴こえるなとひどかったです。

それに今のアパートの前には8のナンバーがつく車がいつも平日には止まっていたことなど。

猫の鳴き声が、知り合いを訪ねた時に飼っていた猫と同じで夜中中聴こえたり、日中もわざと聞かせられてます!

このアパートに引っ越して一か月はそんな音しなかったのにです。

それまでは悪夢に悩まされました。

一か月は。

大家がおかしいです!

前のマンションに住んでた時は自転車のシリンダーに穴を開けられたり、サドルを斬りつけられたり、わざと車がぶつかってきたりひどかった!

工事音もあったしね。

上の階で掃除機の音がしたり、腹立たしいです。

不可解なのは市役所の人達です。

同じ顔の人が私をつけまわしています。

最初のアパートでは公明党のチラシがポストに入っていました。

その次に住んでいたマンションでは、エホバの勧誘や、顕正会などの新聞の売り込みがきて迷惑でした。

飛鳥さんの気持ちがわかります。

妹も幻聴扱いされて強制入院、今では20年くらい通院して薬を飲まされて副作用に苦しんでます。

私達は海外に逃げても無駄な抵抗なのでしょうか?

HURRY GO ROUND(映画)

観てきました。

結局モヤモヤは晴れなかった。

余計に謎が残った。

未公開の映像と音源だけが救いだったかな。

今だに巷では自殺説が消えない。

どんなにHIDEファンや彼の家族やスタッフ、友人や仲間がみんな事故と言っても。

なのでスピリチュアルな観点から彼の症状と悪癖とコンプレックスをみて行くことにしました。

彼はとても極端な2面性があった。

ポジティブな面とネガティブな面。

御酒が入ってしばらくするとスィッチが入ってネガティブな面がでてきてしまう。

普段から自己評価がとても低いのでお酒に頼ってしまう。

ヘビースモーカーであることから自分に自信がなかった。

だから物静かなところもある。

とても高い知性を持ち合わせている。

普段抑圧されていた内なる怒りが深酒した際にスィッチが入った時に爆発してしまい、ヒデラに変身して暴れてしまう。

記憶があれば救いがあったのにね。

直観力が優れていて、音楽は彼の天職だった。

常にライブや衣装では奇抜で奇想天外なアイディアが浮かんでいた。

でも100%具体化できていないジレンマがいつもあった。

作曲や作詞面でも。

自分の歌にも100%満足していなかったと思います。

最期にメンバーと呑みながら喧嘩したとありますが、アイディアを抵抗されたんでしょう。

憶測ですが。

もっと自分をサポートしてくれる存在やちゃんとみんなに愛されていることに

気付くべきだったと思う。

真由子ちゃんの存在は本当に救いだった。

過食症だった。

それは肥満恐怖で食べたものをいつも吐き出していたことからもうかがえる。

母親の愛情が子供時代に負担だったのかも。

それでいて、寂しがり屋で、夜遅く両親が帰宅するので、置き去りにされた気持ちだった。

XJAPANがすべてだった。

ソロも本人がいうようにXがあるからこそやりたいようにできた。

あとは、解散後にスプレビだけになったわけだからかなり負担だったのだろう。

多忙だったしね。

ファンを励まそうと必死だった。

帰国したときの時差ボケもあったし深酒もしたから

変な泥酔状態と精神状態になってしまった。

前日はとても楽しそうだった。

でも、帰国したばかりだから休みたかったと思う。

ジルチの活動も予定に入っていたから疲労とストレスがピークになっていた頃だろう。

ま、本人も記憶なかったのかもしれない。

TVの中継で「ごめんなさい」と言ったのは泰司です。

あとは、太っているというのは幼少時はみんなの癒し系だった。

特に家族の。

ロックスターに憧れて痩せたとたん、両親が夢を反対したのは彼等にも心の

余裕がなかったのかもしれない。ざっとこんな感じです。

鳥目だったのは、容姿コンプで老いて醜くなったすがたをみたくなかったのかもしれない。

では。

byクリスチャン・ペイジ「チャクラー癒しへの道ー」

彼は紫の衣装やMGのギターをデザインするべきだったのかもしれない。

ありのままの自分をもっと両親に愛されたいという気持ちがたぶんあった。