薔薇色の人生 Ⅲ

はてなダイアリーで書ききれないことを書きます。スピリチュアルなど。よろしく。

灰色の街

灰色の街~新宿編~紫のナイフ~

俺はまたスマートフォンで高美に呼び出されてのこのこと会いにいってしまった。 別に未練があったからじゃない。 もう二人きりで会いたくなかったので凛と一緒にある日本料理店の待ち合わせの場所にむかった。 「鏡月」と書かれた暖簾をくぐって中に入ったら…

灰色の街~香港編・彼女と過ごした春2~

そのころ、瞳はひさしぶりに夢を見た。 ある島に瞳は一人、丘の中をさまよいながら歩いていた。 もう長い事歩き続けていた。 誰もいない。 白いドレスを着ていた。 何かが足りないー。 彼自身、なぜ歩き続けているのかわからない。 霧が深く立ち込めていた。…

灰色の街~サイドストーリー9~薫とヨシキの出会い

薫は美術教師との不倫の末に恋が破れ、絶望した。 三上先生ー。彼は奥さんとは一年前から別居していて冷え切った関係にあった。 絵のモデルになったことがきっかけで3か月だが濃密な時間を過ごした。 初めての相手だった。 ラブホテルで逢引きを繰り返した…

灰色の街~サイドストーリー~友也の苦悩~

友也は18になった頃、まだ薫とつきあっていた。 特に理由もないのに急に眩暈がしてよく倒れてしまうことがあってよく薫達を心配させた。 保健室に運ばれた。 失神したのだ。 保険の美人の先生は「原因がわからないけど、今度倒れた時は大学病院へ行ったほ…