読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薔薇色の人生 Ⅲ

はてなダイアリーで書ききれないことを書きます。スピリチュアルなど。よろしく。

灰色の街~サイドストーリー6・TATTOO~

水嶋智宏は今こそ「樋口智宏」という俳優でハリウッド進出を目指している売れっ子

アイドルだが昔は新宿2丁目で男性相手にウリをして数々の舞台オーディションを受けては落ちてばかりいた。

そんな時期に高校時代の如月薫の母純子が智宏のパトロンになり、

薫は母をつれもどすためにわざと智宏のマンションに泊まったりしにきた。

彼女は「親子どんぶりはやだー」と泣いていた。

腹違いの兄の友也が当時薫の彼氏で迎えにきた。

薫は家出をして一時期智宏のマンションに寝泊りしたり、友也と同棲したり、

ヨシキの族の集会にもでたりして滅茶苦茶だった。

薫の父親もキャバクラの若い20代の嬢と不倫をしてしまい、弟の秀哉まで、

冬子さんと付き合ってたクラスメイトの影響で一回り違う年上の洋服屋に勤めてる女性と付き合い、彼女のアパートに寝泊りするなど家庭崩壊寸前までいった。

そのことがきっかけで兄と初めて対面したときは兄は智宏のことはあまり気にしていなかったようだ。

智宏も音楽の趣味や女の趣味もまったく違うので薫のことはなんとも思ってないと言っ

たが純子には惹かれていた。

お互いに恋をしていた。

不倫なんかじゃない。純愛だった。

体の関係はあったけれど。

しかし、薫や兄の友也のことを思うと別れるしかなかった。

純子の家庭まで壊したくなかった。

彼女がピアニストじゃなかったら駆け落ちしてたかもしれない。

薫はそれで落ち着いて今度は茜の家に寝泊りした。

とにかくもう家には帰りたくなかったらしい。

父親キャバクラ嬢に振られて家庭に戻ってきた。

秀哉も洋服屋の彼女諭されて、自宅に戻ってきていた。

友也18、薫が17歳の頃だった。

よくそれで兄貴は写実家の専門学校へいけたと思う。

カメアシになってカメラマンになり、友也にもカメアシが着いた。

上原ナナという女性。

友也はヤクザの娘が雑誌の編集長をしている「TATTOO」専門誌のカメラマン担当になって上原と一緒に行動を共にしていた。

そのころに智宏はバイトをしながら映画やドラマのオーディションを受けてるときに

タトゥーを入れてる人達と知り合いになっていった。

友也達も取材で彼らのことを撮影しに行っていた。

時にはヤクザに絡まれて危険な目に遭った。

上原ナナとはそのころに出会い智宏は一目ぼれをした。

彼女は上原財閥の箱入り娘だったが見合い結婚が嫌で家出をして夢だったカメラマンになるためにカメアシをして友也や年上の女性カメラマンに色々とこき使われたり嫌がらせを受けたりしたが耐えた。

友也も同じ辛い目に遭ったが耐えて一人前になった。

友也は上原には厳しかったが手は出さなかった。

薫とすでに元サヤになってたからかもしれない。

ナナをヤクザ関係から救う為に一緒によく逃げたり智宏の店がTATOOをしたゲイの写真を友也が撮影の為に使ってたので自然とナナとは急接近した。

上原と智宏はなぜかお互いに同じ匂いを感じて自然に惹かれ合っていった。

智宏の目標は憧れの俳優、三上寛空(ひろあき)と共演することだった。

彼も新宿2丁目にいたという噂があったので真似をした。

そこでチャンスを掴んだからだ。

智宏の母親の名前は瑞絵(みずえ)と言って、中学時代は呼び捨てにしていた。

中学をでてすぐに2丁目に行ったが路頭に迷ってるときにある高校教師に拾われて

同棲した。

教師はゲイだった。

俳優になった頃バイト時代のことでスキャンダルにされたが逆にそれを売りにしたら

腐女子のファンがついてたくさんドラマや舞台や映画のオファーがきた。

写真集も兄の友也に撮ってもらった。

初めての兄弟の仕事だったが身内だからと逆に厳しかった。

編集長は女性で女性記者もたくさんいたので悪魔の本音がすごくてナナは記者同志の

修羅場もたくさんみてきたと言っていた。

ナナは友也に片想いをしていたらしい。

智宏に出会うまでは。

今は結婚して純也という一人息子ができて幸せだ。

殺し屋のレンとは4年前に出会った。

流石に怖かった。

日本の今流行りの俳優を知らないらしくウェイターと間違われた。

昼間からお酒を呑んでるようなおかしな奴だったが、

ウェイター兼スカウトマンということでカモフラージュして住み始めた。

店の奥にある部屋が彼の寝泊りする場所だった。

マスターとは古くからの知り合いらしい。

マスターは広東語が上手く話せたが過去のことは教えてくれなかった。

彼もゲイではなくバイだった。

店はレン達にヤクザ関連の銃撃戦で潰されてしまった。

今ではレン達のアジトになっている。

智宏は今でも時々、ここに台本の台詞の練習をしに泊まりにくるが、

蓮とは別の部屋で寝てる時は小声で台詞を読んだり覚えたりした。

いないことのほうが多かった。

去年からは六本木のマンションに蓮は移り住んでるがここにも寝泊りしにくることが

多々あった。

智宏は自分の親父の写真集の大ファンな蓮を慕っている。

時々蓮が不意に目の前から消えていなくなってしまいそうな気がして切なくなってきた。

ずっと彼のそばにいたかった。