読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

薔薇色の人生 Ⅲ

はてなダイアリーで書ききれないことを書きます。スピリチュアルなど。よろしく。

灰色の街 シンガポール完結編2~

ロイと生き残った手下達はシンガポール当局の警察逮捕されて、身柄は

後日、日本に引き渡されることになった。

ローズとは相談役をしていたが、ここにもストリップの店があるので

働くと言っていた。

またトシヤに会いに来ると言っていたがあれ以来会っていない。

 

俺はロスに帰国してから豹は無事なのか探そうとしたが、ディーンによると自宅に帰ってきていて数日間部屋に籠ってるという。

そっとしておいたほうが今はいいだろう。

何を言っても言い訳になってしまう。

それよりも今はもう一度里緒に会って話をしようと思い、彼女の働いてるファミレスに行ったらもうやめていた。

新しい住所を引っ越しをしたらしく教えてくれた。

「サンキュー。」俺は会計係に礼を言って里緒のアパートメントへ向かった。

里緒に会うなり俺は彼女に頬をぶたれた。

「ごめん。2年間、記憶を失っててわけあってシンガポールにいたんだ。」とだけ告げたら彼女は泣いていた。

「生きてたのね。無事でよかった。。。」

部屋に入れてもらい、紅茶を入れてもらった。

俺はしばらく香港に帰ってまた仕事をするとだけ告げたら

里緒は「まだ続けるの?もうこんな仕事はやめて。私は蓮が生きていて

くれればそれでいい。」と言ってくれた。

お互いにやり直す気はなかった。

里緒はまた映画を撮ってハリウッドに挑戦すると言った。

新しいファミレスでウェイトレスをまだしていたが。

俺は「ごめん。まだやめれない。なんでだかわからへんけど。

人を殺しても罪悪感とか考えないようにしてる。

これしかないんや。冷たい人間かもしれへん。俺は」

と突き放した。

「そう。。。なら好きにすればいい。もう2度と会うことはないわね、私達。」

「ああ」しばらく二人は無言だった。

俺は「じゃぁ帰るよ。」と言って里緒に最後のキスをした。

アパートメントを出る時、もう一度ドアのほうを振り向き、里緒のことを忘れようと必死に言いきかせた。

 

俺は豹の様子を聞きにリン達のところに向かった。

彼はもう立ち直っていてPCに向かってフェニックスの情報をまとめていてトニーに報告書を書いていた。

 

俺は再出発しようとして荷物をまとめて置手紙をおいて空港へ向かった。

空港で音楽雑誌と美術雑誌を買って読んだ。

薫のことも気になったが会う気はなかった。

今度は誰かが俺の跡をつけてないか念入りにあたりを見回しながら。

そこで薫の画集の記事と滝沢さんのバンド初期の名前

「Lotus(ロウタス)」の再結成を知って嬉しく思った。

薫に子供がいるのを知ったのは画集のラストページのプロフィールを見てからだった。

いてもたってもいられずに会いにいったのはいうまでもない。

 

香港で京子と運命的な出会いをしてから一緒に「Lotus」を聴いた。