薔薇色の人生 Ⅲ

はてなダイアリーで書ききれないことを書きます。スピリチュアルなど。よろしく。

集団ストーカー、テクノロジー犯罪

最近、6月4日に行われた、新宿での街宣動画を観ました。

私は検索してみたら、私に当てはまる被害がたくさんありました。

わざと隣人が生活音を立てる。

工事の音が前のマンションに住んでた時からあったこと。

わざと今の洗面台のないアパートに住まわされたこと。

音楽が騒音に聴こえるなとひどかったです。

それに今のアパートの前には8のナンバーがつく車がいつも平日には止まっていたことなど。

猫の鳴き声が、知り合いを訪ねた時に飼っていた猫と同じで夜中中聴こえたり、日中もわざと聞かせられてます!

このアパートに引っ越して一か月はそんな音しなかったのにです。

それまでは悪夢に悩まされました。

一か月は。

大家がおかしいです!

前のマンションに住んでた時は自転車のシリンダーに穴を開けられたり、サドルを斬りつけられたり、わざと車がぶつかってきたりひどかった!

工事音もあったしね。

上の階で掃除機の音がしたり、腹立たしいです。

不可解なのは市役所の人達です。

同じ顔の人が私をつけまわしています。

最初のアパートでは公明党のチラシがポストに入っていました。

その次に住んでいたマンションでは、エホバの勧誘や、顕正会などの新聞の売り込みがきて迷惑でした。

飛鳥さんの気持ちがわかります。

妹も幻聴扱いされて強制入院、今では20年くらい通院して薬を飲まされて副作用に苦しんでます。

私達は海外に逃げても無駄な抵抗なのでしょうか?